2022クリスマスメニュー

お待たせいたしました。
お料理の写真などは、少しづつアップしていきます。今年のクリスマスのテーマは、『不思議の国のアリス』。彼女の名前は皆さんご存知とは思いますが、お話まで知っている方は少ないですよね。なんとも不思議な話で、あまり理解出来なかったのが印象です。まあ、彼女のうたた寝の夢話と思ってください。ですので登場人物は強烈です。その魅力をお料理に生かして、楽しいクリスマスを演出したいと思います。
[あらすじ]物語は、お勉強に飽きたアリスが、時計を見ながら焦っている白ウサギを見かけ、追いかけるところから始まります。不思議の国の入り口には、お菓子と小さな瓶に入った飲み物に、「私を食べて!」と。それを食べると、あら、身体が小さくなったり、大きくなったり。泣きながらも、なんとか小さくなったアリスは、不思議の国へと冒険が続きます。途中、小話がいくつかあり、チェシャ猫に声をかけられながら、ハートの女王にたどり着きます。最後に女王に逆らったと、裁判になりますが、旅の途中でであったマッドハッターや3月うさぎたちが、裁判をはちゃめちゃにしたところで彼女はうたた寝から覚めます。
クリスマスに向けて、試作を繰り返してまーす。お楽しみに。
ちなみに、最初の写真は、前菜のお皿で、『姫鮑とパーナ貝のマリネ 魚介のジュレ&マグロと海老、アボカドのセルクル仕立て』…悪いセイウチに食べられてしまう可哀想なヤングオイスター。アリスの涙のジュレに。ボイルした時のスープを使ったジュレが美味しい。右手は、アリスを導くチェシャ猫をイメージしたはずですが、味や見た目を優先して最終的には、あまり猫ではなくなりそうです。赤キャベツやトレビスがチェシャ猫カラー。黄色のトマトとキャビアのおめめ。静岡仕立ては、ワサビを使ってます。
うさ耳のビスコッティー焼きました。イタリアの、かたーいお菓子で、コーヒーなどにつけて食べたりします。マッドハッターのお茶会、クリスマスコースのドルチェのうちの一品です。今回はキャラメル味に仕上げてみました。
ハートの女王のメイン。黒トリフのソースで、クリスマスを演出します。下は、メカジキを使った魚料理です。うまくトランプ兵をイメージしたいのですが、まだ改良が必要ですね。女王に恐れて、白いお花を赤く塗るお話です。
最後はマッドハッター(いかれた帽子屋)のティーパーティ。クリスマスコースのドルチェ。
ここでは、孫娘から借りたアリスやマッドハッターがドルチェを紹介してくれてます。わちゃわちゃして、楽しそうですね。2段目以降のら帽子屋のお皿では、サンタ帽子とシルクハットが売られてます。一段目のお皿はアリスカラーのミントのアイスと、3月うさぎの耳をイメージしたキャラメルビスコッティーです。
(クイズ)マッドのシルクハットの10/6の意味ご存知ですか?
※もちろん、コースには人形たちはつかないですよ。

ピーズレストラン(P`s restaurant )

静岡市駿河区下川原にてイタリアンレストランを夫婦でやってます。お客様のお陰で15年。感謝、感謝です。 自家製パンやパスタ、畑直送のお野菜たち。大切な人、ご家族やお友達と是非遊びに来てください。 ゆとりある席でのご案内をしていますので、ランチはご予約をお勧めします。(最近は、お陰様で満席なことももあります。) ディナーは、予約のない時は、早くしめてしまうこともありますのでご了承ください。

0コメント

  • 1000 / 1000